アコムの審査は通りやすい?申し込み方法や審査時間、審査に落ちない方法を解説

アコムは審査に通りやすいと評判の消費者金融です。

そのため審査が甘いというイメージを持たれることもあるようですが、実際にアコムの審査は甘いのでしょうか?

結論から言うとアコムの審査は甘くありません。利用者は多く審査通過率も高いのですが、審査基準に満たない方には絶対に融資しないからです。

とはいえ「はじめてのアコム」という宣伝通り、初心者でも借りやすい消費者金融ではあります。

できるだけアコムの審査に通れるようにするために、ここではアコムの審査の流れや大事なポイント、スムーズに契約まで進めるためのコツを紹介します。

ページContents

アコムは大手の中では審査通過率は高い方

アコムの審査通過率は42.1%(アコムマンスリーレポート2022年3月期の平均)となっています。

審査通過率は大手消費者金融の中では最も高い数値となっていますが、とてつもなく高い成約率というわけでもありません。

アコムの審査基準は明確にされていませんが、審査フローとしてはスコアリング審査や必要書類の確認、在籍確認などが行われます。つまり、審査内容は他の消費者金融とそこまで変わりません。

審査が甘いと言われていても、申し込んだ全員が融資してもらえているわけではないため、実際には適切な審査が行われていると考えて間違いないでしょう。

アコムの審査の流れと在籍確認に関して

アコムの審査は2ステップで完了

アコムの審査はわずか2ステップで完了します。とはいっても内部では様々な事が行われており、融資してもよいか厳しく判断されています。

申し込み・必要書類提出

申し込みはWEB・アプリ、自動契約機、電話、郵送から行えます。
WEBやアプリで申し込む場合は、申込フォームに記入し、情報を送信します。

その後、本人確認書類を提出、審査が開始されます。

契約

審査に通ったら「【審査結果】契約手続きのお願い」メールが届き、書かれている内容に従って契約手続きを行います。
契約完了後、すぐに借り入れが可能となります。

アコムの契約方法

アコムの契約方法は2種類あります。

WEB契約

「【審査結果】契約手続きのお願い」メールが届いたら、そのまま書かれている手順に従って手続きを行います。

基本的にはカードレスでの利用となり、カードを希望する場合、カードは郵送されます。

来店契約

カードを即日取得したい場合は、来店契約をする必要があります。
最寄りの自動契約機か店頭窓口で契約を完了させると、その場でカードを発行してもらえます。

また、スマホアプリも利用可能なので、カードレス取引も問題なく行えます。

在籍確認の仕方

アコムの在籍確認は、申込者に配慮したものとなっているので、アコムの利用が周りの人にバレてしまうようなことはありません。

確認方法は勤務先への電話連絡が基本になりますが、近年では個人情報保護の観点から全く知らない人物からの電話に対し、在籍者の有無を教えないところが増えて来ています。

またその他にも、電話がかかってくること自体があまりない、会社に電話がない、夜間で電話連絡できないなど、電話連絡が難しい場合は電話以外の方法で確認してくれることもあります。

電話以外の確認方法には、社員証や直近1カ月分の給与明細など、勤務先が明記されている書類などの提出で対応してくれます。

アコムの審査時間と審査をスムーズに進めるコツ

アコムは最短30分融資が可能です。もちろん常に30分で融資してもらえるわけではなく、様々な要因で遅くなることはあります。

特に最短30分融資はインターネット申込を利用する必要があります。

融資までの時間が30分以下になることはありませんが、できるだけ長引かないように審査をスムーズに進めつコツはあります。

申し込みは審査時間ギリギリにならないようにする

インターネットや電話窓口は24時間営業していますが、審査時間は9:30~21:00までとなっています。

審査時間外に申し込みをしても審査は開始されないので、即日融資をしてもらうのであれば、審査が可能な時間に申し込むことが重要です。

また審査時間が長引くことも考えて、審査時間が終了するギリギリではなく余裕をもって申し込むことも大事なポイントになります。

または夜の間に申し込みを済ませ、翌日の朝早くに審査してもらうとスムーズに審査してもらいやすいので、そこまで急いでいないという方はこちらを試してみましょう。

混みあう時間帯は?土日や祝日でも即日融資はできる?

消費者金融の申し込みが殺到しやすい時間帯は平日のお昼休みや夕方から夜、連休前となっています。アコムでもこの時間帯は比較的混みあうと予想されるので、審査開始時間が遅れ、結果的に審査時間が伸びる可能性があります。

この時間帯に申し込むのであれば、審査時間外になる1時間前くらいに続きを始めましょう。

土日や休日に関しても即日融資は可能です。気を付ける必要があるのは在籍確認ですが、電話以外の方法で対応してもらえれば問題はないでしょう。

申込後すぐにアコムに連絡すると審査を優先してもらえる

申込受付メールを受信してからアコム総合カードローンデスクへ連絡して急いでいることを伝えると、優先して審査してくれることがあります。

ただこれは、同じように連絡をしている人が多いと当然連絡した順に審査が開始されるので、混雑具合によってはしばらく待たなくてはならないこともあります。

必要な書類をそろえておく

申し込む前に必要な書類をすべて揃えておくと、審査をスムーズに進めることができます。

提出する書類は、提出方法や希望する融資額などで必要なものが変わってきます。

本人確認書類

本人確認書類は、審査で必ず必要になる書類です。アコムの審査で有効なのは下記の4つです。

・運転免許証(両面)
・マイナンバーカード
(表のみ・個人番号(マイナンバー)、本籍地をふせんで隠すなど、写らない状態にすること)
・パスポート(写真・住所記載部分)
・保険証
(両面・記号、番号、保険者番号、QRコードをふせんで隠すなど、写らない状態にすること)

スマホアプリやWEBで提出する場合は、上記のいずれか一点で十分です。

店舗で保険証を提出する、本人確認書類に記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は下記のいずれかの書類が追加で必要になります。なお有効とされるのは発行日から6カ月以内の物です。

・公共料金の領収書
・住民票の写し

収入証明書

収入証明書は下記の条件を満たすと提出が必要になります。

・アコムの契約が50万円を超える
・他社を含めた借入総額が100万円を超える

必要な収入証明書は下記のいずれか1点が必要です。

・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税、県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書、青色申告書、収支内訳書

どれを提出しても問題ありませんが、アコムでは源泉徴収票が推奨されています。
いずれも最新年度の物が必要で、給与明細に関しては直近2カ月分が必要になります。

希望額は小さくしておく

アコムの初回限度額は低く設定されることが多く、大きな金額で希望を出しても通らないことがほとんどです。

また、希望額が大きいと審査に時間がかかる可能性が高くなるというデメリットもあります。

希望額を50万円以下にしておくと確認作業や収入証明書が不要になりやすくなるので、審査が長引くのを抑えられます。

限度額を上げたいなら増額できる

利用していて、やっぱり限度額が低い・足りないと感じるなら増額することができます。

増額はアコム総合カードローンデスクに連絡するか、一定の条件を満たして増額の案内が来た時に「会員ページ」から行うことができます。増額の案内が来る条件は、6カ月以上アコム継続的に利用し返済実績に傷がない事です。

増額申請をすると再度審査が行われます。限度額を引き上げるという目的があるため、総量規制に抵触しないかはかなり重要なポイントになり、年収が上がっていると有利になります。

審査に落ちても基本は特に何もありませんが、問題が見つかった場合は逆に限度額が引き下げられたり、利用を停止させられたりすることがあるので注意が必要です。

在籍確認ができるように準備しておく

在籍確認が完了しないと審査に通してくれません。

電話での在籍確認なら、自分が実際に在籍している勤務先や部署、バイト先、派遣社員なら登録している派遣会社など、確実に申込者が在籍している連絡先を申告してください。

もし書類などで在籍確認をしてもらうつもりなら勤務先が明記されている有効な書類、社員証や収入証明書などを準備して、いつでも提出できるようにしておきましょう。

申込内容に誤りがないようにする

送信した内容に誤りがあると、その情報の確認作業に時間がかかる事があります。

場合によっては情報の再送信や、追加で書類の提出を求められることもあるので、準備していなかった場合はさらに時間がかかります。

それに加えて情報に誤りがあると信用も落ちるので、審査に通りにくくなります。特に収入や他社借入金額などは間違えないようによく確認しましょう。

迷惑メールに振り分けられていないか確認する

中々連絡がこないというときは、迷惑メールに入っていないか確認しましょう。知らないメールアドレスは迷惑メールに振り分けられることがあります。

またPCでフリーメールを確認する事が多い方は、「優先」「その他」のように受信タイプが2種類ある場合もあるので、どちらもよく確認しましょう。

アコムの審査に通るために絶対にクリアにしておくこと

成人していること

アコムに申し込むには成人している必要があります。

満18歳以上の方なら申し込みできますが、高校生は対象外となっています。

親権者の同意があっても高校生の方は申し込んでも審査に通ることはないので注意が必要です。

安定した収入があること

毎月安定した収入がなければ融資してもらうことはできません。年収は返済能力の確認と限度額を決定する上で、とても大事な要素です。

消費者金融は、申込者の3分の1以上の貸付を禁止する総量規制という制度を守る必要があります。そのため融資額を決定するために必要となる年収がないと融資できません。

専業主婦や無収入者は利用対象外となります。パートやアルバイト、年金受給者など、少額でも収入がある方へはそれを基に融資額を決定してくれます。

信用情報に傷がついていないこと

信用情報に傷がついていない、つまりブラック状態になっていないことはとても重要です。

ブラック状態になっているということは、借り入れやクレジットカードの返済、商品の分割払いの支払いを延滞、債務整理を行った、契約を強制的に解約になったなど、返済能力に大きな問題があることを明確に示唆するものだからです。

ブラック状態は約5年~10年記録が残るので、その間は絶対に融資してくれません。記録が削除されるまで待つか、中小消費者金融を検討する必要があります。

また、以前アコムで問題を起こしていると、アコムの記録にはその情報が半永久的に残るので、アコムやアコムが保証会社になっているローンでは契約ができません。

総量規制以上の借入をしていない

アコムでは、総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の貸し付けは絶対にしません。

総量規制は貸金業法下にある貸し付けすべてが対象になっています。すでに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用していると、借り入れ可能な金額が減ります。

そしてそれが上限に達するとそれ以上は借りられなくなります。

ただ、総量規制の対象にならない貸し付け、銀行カードローンや住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠を利用している場合は影響しません。

ただし、返済能力という面ではどうしてもマイナス評価になるので、希望通りになるとは限りません。

問題がないのにアコムの審査に通らない!原因は?

属性が基準に達していない

属性は、名前、年齢、生年月日、住所、勤務先、年収、家族構成など、申込者本人の情報です。

この情報にも有利になったり不利になったり要素があります。例えば、家族構成は独身よりも既婚者の方が評価が高くなるといった具合です。ただライフスタイルの部分はそれぞれの考えがあるため、そこまで厳しく見られることはないようです。

厳しく確認されるのは居住年数や勤務年数です。この二つの年数が一定期間に達していないと、審査に落とされます。

居住年数と勤務年数は最低でも6カ月は必要です。また、この年数が長ければ長いほど生活や収入が安定していると判断されやすくなり、審査に有利になります。

申し込みブラックになっている

カードローンなどに申し込むと、個人信用情報機関に申し込んだ記録が残ります。短期間に何度も申し込んでいるとその情報が蓄積し、申し込みブラックという状態になってしまうことがあります。

申し込みブラックは、1カ月間に3件以上申し込むとで6カ月間登録され、その間は一切審査に通ることができません。

何度も審査に落ちてしまって申し込みを繰り返しているという方は、この状態になっている可能性が高いでしょう。

他社ローンからの借り入れが多すぎて返済能力が落ちている

消費者金融や信販会社といった貸金業者からの借入件数が3件以上だったり総量規制以上のお金を借りていたりすると審査には通りません。

またこれ以外にも、本来なら貸金業法下にはない銀行カードローンや住宅ローンなどを利用していて多額の借り入れがある状況だと、場合によっては審査に落とされることがあります。

例えば毎月の返済額が収入の半分の以上など、返済の負担がかなり大きいと返済能力が低いと判断されます。

奨学金などを含め、すでに何かしらの借り入れがあるなら借入状況を見直し、完済できそうなものは完済し、まとめられそうな物があるならおまとめローンや金利の低い銀行カードローンでまとめるなど、現在の負担を減らす方法を考えましょう。

個人信用情報の記録に問題がある

個人信用情報機関に一切の借入情報がない状態はスーパーホワイトと言われます。

今までカードローンもクレジットカードも分割払いなども利用したことがない方や、債務整理や自己破産の登録期間を終えた方はこのスーパーホワイトになります。

30代くらいまでならスーパーホワイトでも特に評価に影響はしませんが、50代以上になると、返済の延滞や債務整理を行ったのではないかと、低評価を受けやすくなります。

他にも非常に稀なケースではありますが、同姓同名の他人の情報と間違えられていたり、近親者に勝手に名義を使われていたりといったこともあるので、申込前に個人信用情報の情報は確認しておいた方がよいでしょう。

アコムは基本のサービスも独自サービスも網羅している

30日間金利0円サービスでお得に使える

アコムは、最大30日間金利が0円になるサービスを提供しています。

利用条件は初めてアコムと契約すること、適用期間は契約翌日から最大30日間です。

借り入れ翌日からの適用ではないので、とりあえずカードを作っておきたいという理由で契約すると無利息期間を使うことができなくなるので注意しましょう。

契約後すぐに利用する方には重宝するサービスです。

スマホアプリでカードレス取引も可能

アコムのスマホアプリからセブン銀行ATMでスマホ取引ができます。

セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取り、スマホに表示された企業番号を入力してATM画面の案内に従って操作していきます。

スマホ取引ではカードは不要ですが、契約時に設定した4桁の暗証番号は必要なので、しっかり覚えておきましょう。

アコムは消費者金融では唯一クレジットカードの発行が可能

アコムの大きな特徴は、消費者金融でありながらクレジットカードを発行していることです。

ACマスターカードの申し込みや審査の手順はカードローンの時とほぼ変わらず、自動契約機まで行けば最短即日発行してもらうこともできます。

ショッピング枠は最大300万円まで利用可能で、キャッシング枠を付ける場合はショッピング枠と合算で最大800万円まで利用できます。

アプリ上で使えるバーチャルカードもあり、カードレスでの利用もできます。ACマスターカードなら、カードローンほど周りの目を気にせず利用することができるでしょう。

また、すでにカードローンを利用している方は、ローンカードにクレジットカード機能を付帯させることができます。申込手続きは、会員ページの「クレジットカード機能を付ける」、店舗、郵送で行うことができます。