収入証明書不要で借りられるカードローンは?条件や限度額も徹底解説!

皆さんは、条件を満たせば収入証明書不要で利用できるカードローンがあることを知っていますか?

カードローンの申込みを考えている方の中には、収入証明書の提出に抵抗を感じている方もいるでしょう。

収入証明書の準備に手間がかかるのはもちろん、利用限度額の決定に大きな影響を与える可能性があります。

収入証明書が原因で審査に通らない、利用限度額が希望に届かない、といった事態は避けたいものです。

今回は、収入確認書類を提出せずにカードローンを利用する方法とおすすめのカードローンを併せて紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ページContents

即日借りられる消費者金融一覧表

 当サイトおすすめ順年利限度額公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%500万円申込
アコム
3.0%~18.0%800万円申込
レイク
4.5%~18.0%500万円申込
アイフル
3.0%~18.0%800万円申込

「※当社調べ」

収入確認書類の提出を求められる理由

カードローンの申込み時には、給与明細や源泉徴収票、確定申告書など収入証明書類の提出を求められます。

貸金業者が収入証明書の提出を求めるには理由があるのです。

消費者金融や信販会社などの貸金業者は、貸金業法という法律に則って業務を行っています。

利用者に対する融資額もこの賃金業法にある総量規制で決められており、無制限に融資できるわけではありません。

【総量規制とは】

賃金業者は個人に対し、年収の3分の1を超える額の融資をしてはならないというルール。

このルールは全ての貸金業者からの借入合計額が基準になる。

総量規制の観点から融資額を決定するために利用者の正確な年収を把握しなければいけないのです。

貸金業者がそれ以上の金額を融資すると違法になります。

総量規制の範囲内で正しい融資を行うために収入証明書が必要なのです。

収入確認書類を提出せずにカードローンを契約するには

カードローンやキャッシングを提供する貸金業者は、総量規制の範囲内で融資を行うため、収入証明書で年収を確認します。

しかし、条件次第で収入証明書の提出が不要で利用できます。

具体的な条件を紹介しましょう。

利用限度額を50万円以下に抑える

カードローンやキャッシングに申し込む際、利用限度額を50万円以下にすると原則収入証明書の提出は不要です。

収入証明書は貸金業者が利用者の返済能力を確認するための材料です。

しかし、融資が高額でなければ返済の負担が少ないため、証明書は不要と判断し審査を進めます。

その基準の金額が50万円となのです。

他の貸金業者との借入総額が100万円を超えない範囲で設定する

借入希望金額を50万円以下で申し込みしても収入確認書類の提出を求められることがあります。

その理由の多くは、他の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える場合です。

仮に1社からの借入が50万円以下の少額であっても、複数の貸金業者から借りていれば借入額が高額となります。

高額な借入は、返済の負担が大きくなるため、収入証明書で返済能力を確認する必要があるのです。

また、複数社から借入をしている方に融資を行うと総量規制以上の融資をする可能性もあります。

総量規制に違反しないためにも収入証明書の提出が必要となるのです。

他社借入や年収で虚偽申告をしない

「借入総額が100万円以内で希望金額を50万円以下」で申し込めば収入証明書が必要ないと解説しました。

このことから「他社からの借入を過少申告する」、「年収を過大申告する」など、虚偽申告をすれば審査に通ると考える方がいます。

しかし、このような虚偽の申告は絶対にやめてください。

虚偽が発覚する可能性が高い上に大きなリスクを抱えてしまいます。

消費者金融は非常に高い調査能力と審査のノウハウを持っているため、すぐに虚偽が発覚するでしょう。

利用者の状況で大体の年収額を予測できるので、年収をごまかして申告してもすぐに虚偽が発覚します。

虚偽申告が発覚すれば、必ず審査に落ちます。

更に、その行為が悪質と認められれば、信用情報機関に虚偽申告が事故情報として記録されるのです。

事故情報が記録されると俗にいう「ブラックリスト入り」となります。

ブラック状態になるとおよそ5年間は新たなローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

絶対にやめてください。

信用情報は各社で共有している

個人信用情報機関には、属性などの個人情報と共にローンやクレジットの利用状況に関する様々な情報が記録されています。

記録された情報はすべて、貸金業者で共有し、審査などの際に活用されます。

【個人信用情報機関の記録内容】

個人信用情報機関に記録されている代表的な情報は下記の通りです。

本人特定情報・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・性別
・勤務先
・勤務先電話番号
・運転免許証番号
契約情報・登録氏名
・契約種別
・契約日
・貸付日
・契約額
・貸付額
・保証額
返済状況・返済入金日
・入金予定日
・借入残高額
・完済日
・延滞状況
申込情報・本人特定情報
・申込日
・申込商品種別
取引事実情報・債権回収
・債務整理
・保証履行
・強制解約
・破産申立
・債権譲渡

これだけたくさんの情報が共有されているため、虚偽申告をしても信用情報機関の情報照会で一瞬にしてばれるのです。

借入額を大幅に少なく申告すれば「虚偽申告」「借入に対する意識が低い」と認識され審査に落ちてしまいます。

但し、借入総額に多少の誤差がある程度であれば問題ありません。

先述した通り、虚偽申告と判断されると事故情報として記録されブラック状態になる可能性もあります。

収入確認書類が不要な理由

申し込み時に「希望金額が50万円以下で他社からの借入総額が100万円以下」、であれば収入証明書が不要と紹介しました。

なぜ不要なのか理由を紹介しましょう。

ローン会社は申込内容から年収を予測できる

貸金業者は、保有している膨大な個人情報を基に「年齢」「勤続年数」「勤務先」などから年収の中央値を割り出せます。

申告した年収額がその数値に近ければ、収入証明書で確認する必要がないと判断されるのです。

尚、審査の可否は年収額だけでは決定しません。

年収以外にも年齢や勤続年数、勤務先も審査では重要な項目です。

大手消費者金融の審査は、利用者の情報を点数化して判断する「スコアリング審査」で行われます。

年収や生活環境、勤続年数も点数化され、総合点で審査の可否や限度額が決定します。

初回の貸付金額は少額で高金利だから

カードローンの初回の貸付金額は少額に抑えられ、法定金利の上限、もしくはそれに近い利率、つまり高金利です。

この点も収入証明書が不要な理由の一つです。

融資をしても短期で貸付金額を回収できれば収入証明書で年収を確認する必要がないからです。

融資する金額が少なく、支払われる利息が高いとその分元金の回収が短期間で完了します。

申込内容によっては提出を求められることもある

貸金業者が年収予測により算出した額と申告した年収に大きな乖離があると収入証明書の提出が求められる場合があります。

予想年収より申告した金額があまりに高い場合、「年収の虚偽申告」と判断される可能性があります。

もしくは、年収が正確であれば「高収入でも払えない程の借入がある」という印象を与えることが推測できます。

どちらにしても審査が有利に進む可能性は低いと考えた方が良いでしょう。

偽造した収入証明書を提出すると詐欺罪で刑事罰を受けることも

審査に自信がない方の中には、収入証明書を改ざんもしくは偽造して提出すれば審査が通ると考える方もいます。

当たりまえですがこの方法は厳禁です。

収入証明書を偽造して申込をすると詐欺罪に問われる可能性があります。

実は収入証明書のみならず、架空の勤務先を申告して申込することも可能です。

世間には「アリバイ会社」なる会社があります。

依頼者が在籍しているかのように外部からの連絡に対応や書類作成を行う会社です。

アリバイ会社に依頼すると架空の収入証明書の作成も可能で在籍確認にも対応してくれます。

無職や収入が極端に低い方でもこの方法を使うことで物理的にはローンやクレジットの申し込みが可能です。

実際にこのような会社を利用して融資を申し込む方もいます。

しかし、この方法で融資を受けられたとしても、発覚すると利用停止となり契約を強制解約されてしまいます。

強制解約されると借入している残額の一括返済を求められ、信用情報機関に事故情報として記録されブラック状態になります。

また、アリバイ会社の利用で借入れた場合「不正引き出し」と判断され告発される可能性も十分にあります。

カードローンやクレジットの申し込む際には必ず正確な情報を申告し、不正は絶対にしないようにしましょう。

銀行カードローンは総量規制対象外のため収入証明書不要?

消費者金融や信販会社は「貸金業法」のもとで事業を行っています。

一方で銀行は「銀行法」に則って事業を行っているため、貸金業法の規制外です。

つまり銀行が貸金業法の総量規制の影響を受けることはありません。

総量規制がないため、ほとんどの銀行カードローンは収入確認書類の提出が不要です。

もし収入確認書類の提出が面倒であれば、銀行カードローンの申込を検討することをおすすめします。

ただし、総量規制がないとはいえ銀行カードローンは自主規制で年収の3分の1以上の融資は行いません。

また、銀行カードローンは融資までに時間がかかることは有名です。

どんなに審査スピードの早い銀行でも申し込んでから融資までは最短翌日で、中には数週間かかる銀行もあります。

すぐにお金を借りたい場合は、大手消費者金融への申込を検討してください。

即日融資が可能なおすすめのカードローンは?

即日融資希望なら収入証明書不要のカードローン

カードローンの審査は、収入証明書が必要な場合と比べて不要な場合のほうが時間を短縮できます。

収入確認書を提出すると、内容確認のため審査のプロセスが増えてしまうからです。

尚、スムーズに審査を完了するためには、下記2点に注意して申込しましょう。

  • 利用限度額を50万円未満にする
  • 他の貸金業者からの借入総額を100万円以下にする

審査が不安な方は「アコム」がおすすめ

金利(実質年利)3.0%~18.0%
利用可能額1万円~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短30分

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融です。

アコムは大手消費者金融の中でも高い新規成約率のため、大手消費者金融の中では審査が通りやすいと言われています。

これは「はじめてのアコム」のフレーズにもある通り、カードローン申し込みの1社目に選ばれることが多い、無人契約機「むじんくん」の知名度が高いなどの理由が考えられます。

大手消費者金融の新規成約率

消費者金融名新規成約率
アコム※141.2%(2021年下期)
プロミス※238.9%(2021年通期)
アイフル※332.9%(2021年度通期)
レイク※433.8~36.8%(2021年四半期ごと)

※1 アコム Monthly Report(2022年3月末)
※2 プロミス(SMBCコンシューマー・ファイナンス)2022年3月期決算資料 
※3 アイフル 月次推移(2021.4~2022.3) 
※4 レイク  SBI新生銀行四半期データブック 2022年3月末 

アコムの審査は最短30分で完了し最短1時間で借入可能、しかも全国に展開している無人契約機でも契約が完了します。

急な出費やお金に困った時の利便性に優れています。

無人契約機ではアコムのクレジットカード「ACマスターカード」の発行も可能です。

クレジットカードも併せて申し込みたい方にもおすすめです。

アコムが収入確認書類の提出を求める主な理由

  • アコムの利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
  • に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

最短審査で即日融資を希望するなら「プロミス」がおすすめ

金利(実質年利)4.5%~17.8%
利用可能額1万円~500万円
審査時間最短15秒
融資までの時間最短30分

プロミスは三井住友銀行系列、現在業界No,1の消費者金融です。

オリコンの顧客満足調査のカードローン部門では4年連続1位と利用者からも高く評価されています。

プロミスの強みは、「WEB完結」で、申し込みから契約まで全てWEBで完結し、契約完了後アプリで借入ができることでしょう。

この方法を利用することで、自宅に郵便物が届くことがありません。

スマホさえあれば借入ができるので、「カードが手元に届くまでの時間」が大幅に短縮されます。

さらに、借入可能かどうかは最短15秒で結果が判明する、24時間365日最短10秒で振込が可能など、融資スピードが魅力的です。

また、他大手消費者金融と比較すると上限金利が17.8%と低いため、返済の負担を軽減できるのもメリットのひとつです。

プロミスが収入確認書類の提出を求める主な理由

  • プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
  • プロミスの利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計が100万円を超える方
  • 提出した収入証明書類の発行日から3年以上が経過した方
プロミス

職場への電話連絡を避けたい方は「アイフル」がおすすめ

金利(実質年利)3.0%~18.0%
利用可能額1万円~800万円
審査時間最短25分
融資までの時間最短25分

アイフルは大手消費者金融の中で唯一の独立系企業です、独立系ならではの独自の戦略で営業しています。

ほとんどのカードローンの審査では、電話による勤務先への在籍確認が行われます。

しかし、アイフルでは原則電話での在籍確認を行っていません。

職場への貸金業者からの電話を避けたい方は、アイフルであれば回避できるのでおすすめです。

また、在籍確認が行われないと審査時間の短縮になります。

すぐにお金が必要な方にはメリットにもなります。

また、特に急いでいる方はWEBで申し込んだ後にサービスセンターに電話し希望を伝えると優先して審査が行われます。

この柔軟さもアイフルの特徴です。

アイフルが収入確認書類の提出を求める主な理由

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合
  • 収入証明書を提出してから3年以上経過している場合
 

少額を今すぐ借りたい方は「レイク」がおすすめ

実質年利4.5%~18.0%
借入限度額1万円~500万円
審査時間最短15秒
融資までWebで最短25分も可能

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイクはSBI新生銀行グループの消費者金融で、融資スピードが強みです。

WEBで融資申込をした時点で即可決する場合が多く、最短15秒で審査結果が分かります。

カードレスでの借入が可能で、カード発行の手間がかからないので最短での融資が可能です。

また、レイクの最大の特徴は「選べる無利息期間」です。

大手消費者金融各社は、初回利用者に対して無利息サービスを提供しています。

他社の無利息期間は大抵30日ですが、レイクはWEBからの申し込みで、下記いずれからの無利息サービスを選択することができるのです。

  • 60日間無利息
  • 借入額のうち5万円までは180日間無利息


カードローンを利用しても支払う利息はできる限り抑えたいものです。

レイクの無利息期間は他社と比較すると倍の期間です。

また、5万円までの少額の借入れ(もしくは借入のうち)半年間無利息となります。

少額の借入の方にはレイクはおすすめです。

レイクが収入確認書類の提出を求める主な理由

  • レイクの利用限度額が50万円を超える場合
  • レイクの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合
    ※他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社
  • 既に提出した収入証明書類の発行日から、3年以上経過している場合

まとめ

収入証明書の提出を求められなければ、書類を用意する手間がなく審査時間が大幅に短縮されます。

今すぐにお金を借りたい方は、大手消費者金融に50万円以下の希望額での申し込みをおすすめします。

もし借入までに時間的な余裕があるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを申し込んでみるのも良いでしょう。

ご自身の要望に合った金融機関を利用して下さい。