公務員おすすめカードローン。職場や家族にバレないためには

まとまったお金が必要になる時は、職業に関係なく急なことが多いです。それは公務員も同じなのですが、公務員の場合、カードローンの審査に通りやすいといわれる反面、利用する者も少ない印象があります。そのため、申し込みにためらう人もいるでしょう。

実際に公務員はカードローンを利用しているのでしょうか。また、審査に通るのは簡単なのでしょうか。

この記事では公務員のカードローンの審査は通りやすいのかどうか、審査についてのポイントや注意点を説明するとともに、おすすめカードローンの紹介をします。

また、公務員専用の融資になる地方公務員共済組合についても触れていきますので、参考にしてください。

公務員のカードローンの利用は少ないようにみえて少なくない

安定した収入イコール年収が高いというわけではないため、安定した収入があると人気のある職業の公務員でも、急に大きな出費があれば対応に困ることはあるでしょう。

急な出費でよく利用されるのがカードローンですが、イメージ的に公務員はカードローンの利用があまり多いようにみえないかもしれません。

確かに数字としては少ないかもしれませんが、実際に利用している割合として考えると少ないわけではありません。

全国銀行協会が取りまとめた「銀国カードローンに関する消費者意識調査」(2020年3月31日)のアンケート調査では、カードローンの利用者の割合を知ることができます。

カードローン利用者(%)

  公務員 会社員
(事務系)
会社員
(技術系)
パート
アルバイト
銀行カードローン
&貸金業者
(サンプル数1,506)
5.3 20.5 21.6 6.9
銀行カードローンのみ
(サンプル数494)
7.6 19.9 19.4 7.2
貸金業者のみ
(サンプル数500)
2.2 12.6 21.6 11.0

一見、数字で職業での比較をみると公務員の利用が少ないようにみえるカードローンですが、実はそんなことはありません。

そもそも、労働者人口をみると日本の公務員は世界の中でも割合が少ないのです。労働人口に対する公務員の割合は、OECD(経済協力開発機構)の報告書によると2017年の数字で5.9%ほどとなっています。

確かに貸金業者だけでみると公務員のカードローン利用は2.2%と少ないのですが、銀行カードローン、銀行カードローンと貸金業者を合わせた数字でみると5%を超えています。先の5.9%を考えると、割合でいえば取り立てて利用者が少ない訳ではありません。

公務員は審査で有利?カードローン審査でチェックされる項目について

実は、公務員はカードローンの審査では職業でみれば有利だといわれています。これは、どこに申し込みしようが基本的には同じです。

その理由として、信用度が高いことがあります。公務員の信用度が高いのは以下の理由があります。

  • 収入が安定している
    (業績に左右されることがない)
  • 民間企業のように倒産することがない
  • クビになるリスクが低い
  • 年齢や役職による給料の増加が会社員よりも想定しやすい

もちろん、就職してまだ日も浅い場合は審査に通る可能性は高いとは言えませんが、職業だけでいえば公務員がカードローンの審査に有利なのは確かです。

審査で問われ公務員が有利とされる収入の安定とはどういうことか

そもそもカードローンの審査が行われるのには、以下の理由があります。

  • 返済ができない人にお金を貸さないため
  • 法律に則った事業を行うため

貸したお金を返済してもらえなければ、カードローンを事業としている企業は利益がなくなり経営が成り立ちません。それは銀行も同じです。また、貸金業者を営む企業は、審査も含めて貸金業法で決められた条件等に沿って貸し付けをしなければいけません。

銀行は貸金業法の対象外ですが、返済に関するトラブル回避をはじめとする様々な理由により、同じような内容や条件でカードローン事業を行っています。

そのためカードローンでは、年収の高さよりも収入が安定していることを重視します。

1.月収は、150万円の時もあれば5万円の時もある
2.月収は、高額ではないが必ず20万円はある

例えばこの2つの場合ならば、年収は1の方が高くても審査に通りやすいのは2の人になります。金額はともかく公務員は2の収入の形になるため、審査に有利といわれるのです。

審査で見られるのは属性だけではない。公務員でも審査に落ちることも

ただし、公務員イコール審査に絶対に通るというわけではありません。あくまで収入の面だけでみると有利であるという話になります。安定した収入があるという点以外にも審査でチェックされることはいろいろとあります。

審査でチェックされる内容

属性 個人の情報
(氏名・住所・連絡先など)
勤め先や勤務形態など収入に係る情報
(職業・勤め先・年収・勤続年数・など)
住居や生活に係る情報
(賃貸か持ち家か・扶養家族の人数・居住年数など)
信用情報 他社のクレジットカードやカードローンの利用における契約の記録やそれに関する延滞などの利用履歴のこと
他社借入 現在の他社の借入の件数と金額

年収の安定性については、ここで言う属性に関する内容になります。そのため、公務員を属性がいいと表現することもあります。他にも勤続年数が長い場合や持ち家などの場合は、属性での評価が良いとされています。家族のことまでチェックするのは、経済的な状況を推測するためです。

属性のそれぞれの内容からみて、返済が厳しかったり遅れたりすることがないかを判断します。そのため公務員だとしても属性の他の内容が審査基準に満たない場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。当然、審査の判断基準は教えてもらえません。

他にもこのような場合は、公務員だろうと審査に落ちる可能性が高いです。

  • 信用情報に傷がある(延滞や債務整理などの履歴がある)
  • 他社の借入件数が多い、または借入額が大きい
信用情報機関という機関があるのですが、消費者金融やカード会社、銀行などは、その機関に個人のローンやクレジットなどの金融商品の契約や利用履歴を記録しなくてはいけないことになっています。この記録情報を信用情報といいます。

ローン等の申し込みがあった場合、信用情報機関にある他社も含めた信用情報を調べることで、過去の延滞等を知り審査の結果を決めることができます。

当然、過去に延滞などの記録があれば、属性が良かったとしても「今回も返済をしてもらえないかもしれない」として、審査に落ちる可能性があります。

信用情報機関は3機関あり、銀行や消費者金融、クレジット会社などは、その3機関のうちどれかに会員登録して個人の信用情報を記録したり照会したりします。信用情報は、少なくとも5年間は記録が残ります。そのため、間近に延滞や債務整理をした人は気をつけてください。

他社借入は、現在の借金の状況をチェックするものです。信用情報をチェックすることで他社の利用状況もわかります。過去に延滞の記録がなくても現在の状況で他社からの借金が多い場合は、今回の申込分までは返済できないだろうと判断して、審査に落ちる可能性があります。

特に他社の件数が少なくても借入額が合計で年収の1/3を超えるような金額になる場合は、必然的に審査に落ちます。これは、総量規制といって貸金業法で消費者金融は申込者の年収の1/3を超える金額の貸し付けを禁止しているからです。

では銀行カードローンならばいいのかといえば、銀行はこの総量規制の対象外なので規制のみで判断するならば借りられないわけではありません。しかし、銀行も昨今過剰融資が問題になったこともあり、慎重な審査を行っています。そのため、審査に落ちる可能性が大きいです。

もし、すでに年収の1/3の額を超えている、または、新しくカードローンの申し込みをすると超えてしまうだろう状況ならば、いくつかのカードローンを1つにするおまとめローンを検討することをおすすめします。

公務員でもカードローンのバレ対策は同じ。相談すれば対応は可能

カードローンからお金を借りるのに、公務員ということもあり審査そのものに対してはさほど心配していない人もいるでしょう。しかし、周りにバレたくないと考える人は多くいます。

周りへのバレ対策については、消費者金融では公務員だろうと他の職業だろうと同じです。

  • 消費者金融とわからないよう郵送物を送付してくれる
  • 郵送物なしでの申込方法を選択する
  • 在籍確認では名前で連絡が入る
  • 相談すれば、個人の事情に合わせて対応してもらえる

カードローン側と自分側で行うことは違いますが、周りにバレないようにすることはできます。

まず、申込方法をWEB完結申込や自動契約機などにすると郵送物をなしにすることもできます。郵送物が発生するような方法になった場合でも、社名は記載されません。例えば、アコムならば「ACセンター」など、各社それぞれでわからないような形で郵送されます。

在籍確認といって、審査では申込者が申告通りの会社に勤めているか電話連絡をしてきますが、これも社名ではなく担当者個人名にて連絡が入るため、カードローンとはわかりません。

しかし、電話自体が怪しまれるという場合や電話の対応をしてもらえない職場などの事情がある時は、消費者金融各社で多少の違いはあるものの申込時に相談するとその人の事情に沿った方法で対応してくれます。消費者金融においては、各社配慮がしっかりとされているため、心配は不要です。

銀行の場合については、少し事情が変わります。銀行は、銀行名を隠さずに対応します。会社や家庭で不信がられた場合は、取り扱い事業がカードローン以外にあることを逆手にとって「口座の手続きで」などと自分で誤魔化す必要があります。

消費者金融と銀行カードローン。公務員でおすすめのカードローンは

公務員の場合、カードローンは他の職業よりも審査に有利とされながらも必ず審査に通るわけではないことは説明した通りです。

では、申し込みするならば、どこがいいのでしょうか。ここでは、おすすめのカードローンを紹介します。

時間に余裕があるならば銀行。急ぎで便利がいいならば消費者金融

カードローンならばどれも同じだと思っている人もいるかもしれません。金利や限度額の数字を見ると、確かに差はないように見えます。しかし、よく比べてみると先のバレ対策のように違いはたくさんあります。

カードローンの代表となるのが、消費者金融と銀行です。この大まかな分類で一般的にいわれるのは金利の違いでしょう。全ての内容が全カードローンに当てはまるわけではないのですが、大まかに見ても細かな違いはいくつかあります。

それぞれのカードローンの特徴

消費者金融 銀行カードローン
金利が高い
審査時間が早く即日融資が可能
周りにバレにくい
(バレにくいように配慮してくれる)
来店不要で契約できる
無利息サービスがある
アプリローンがある
総量規制の対象
金利が低い
即日融資はできない
総量規制の対象外
口座が必要
(口座がなくても契約できるところもある)
居住地の条件がついていることもある

それぞれのメリット、デメリットも含めて、大きな特徴を比較するとこのようになります。一般的にいわれることとして、消費者金融は、金利は高いが融資は早くて便利です。銀行カードローンは、金利は低いが審査に時間がかります。

よく話題になる銀行は審査が厳しく消費者金融は審査が甘いという点ですが、実際には個々の問題が関係し人により審査の通過が変わるため、これは必ずしも正しい話ではありません。

申し込みしやすく便利なおすすめカードローンは大手消費者金融

最終的には自分で判断することが必要ですが、利用するという点を考えるとおすすめできるのはやはり早くお金を借りられて便利な消費者金融でしょう。大手消費者金融といえば、この5社になります。

カードローン 金利 限度額 申込方法
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円 WEB申込
(パソコン・スマートフォン)
郵送
電話
三井住友銀行内に設置されたローン契約機
プロミス 4.5~17.8% 500万円 WEB申込
(パソコン・スマートフォン)
郵送
電話
自動契約機
店舗
アコム 3.0~18.0% 800万円 WEB申込
(パソコン・スマートフォン)
郵送
電話
自動契約機(むじんくん)
店頭窓口
アイフル 3.0~18.0% 800万円 WEB申込
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機
レイク ALSA 4.5~18.0% 500万円 WEB申込
(パソコン・スマートフォン)
電話
自動契約機

※申込方法により対応時間が限られることがあるため、申込時間には注意してください。

それぞれのポイントをまとめると以下のようになります。

<SMBCモビット>
SMBCモビットのメリットは、郵送や電話連絡のないWEB完結申込が可能なことでしょう。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、誰にもバレずに契約することができるだけでなくカードレスでの契約も可能です。

もちろんカード発行もできますが、カードレスならばスマートフォンでセブン銀行ATMでの借り入れや返済もできます。

WEB完結申込でない場合も、WEB申込後に電話連絡をすれば優先的に対応してもらうことができ、審査も最短で30分でできます。周りに知られずに早く借り入れしたい人に最適なカードローンです。

<プロミス>
プロミスは、表を見てわかるように、高いながらも他の消費者金融と比べて金利が低くなっています。また、WEB完結申込もあり、その場合は郵送物なしでの手続きが可能、カードレスでの契約もできます。カードレスならば、スマートフォンでセブン銀行とローソン銀行のATMでの利用が可能です。

WEB完結申込ができなくとも、周りにバレるのが心配な時は相談に乗ってくれます。電話ならば女性専用のダイヤルもあるため、不安な方は利用することをすすめします。また、初めての人には30日間無利息のサービスの利用もできます。

<アコム>
アコムは、カード発行が必要なためWEB完結申込まではないのですが、審査対応は早く最短30分審査で即日融資も可能です。スマホアプリの利用はセブン銀行で返済ならば可能です。また、女性専用ダイヤルがあるため、不安な人はこちらに電話をするといいでしょう。

他の特長として口座からの引き落としではできませんが、ATMや振り込みならば返済指定日よりも早めに返済することができます。日にちが早い分、その時にかかる利息を減らせることができます。利息負担軽減する方法として、アコムもまた30日間金利が0円になるサービスがあります。

<アイフル>
アイフルのメリットは、スマホアプリで申し込みしてWEB完結にすれば最短25分での手続きも可能でカードレスにできる点です。スマホアプリならば、セブン銀行、ローソン銀行ATMでの取り引きもできます。また、WEB完結申込ができなくても急いでいる場合、WEB申込後に電話連絡をすれば優先的に審査をしてくれます。

アイフルもまた、30日間利息0円サービスを行っているため、少しでも早く返済する目途があれば、活用することをおすすめします。

<レイク ALSA>
レイクの場合は、無利息期間サービスが選べるのがメリットとなり、金額の上限があるものの最大で180日間となっています。WEB完結申込もスマートフォンを使って行うことができ、最短60分で融資も可能です。また、女性専用ダイヤルも用意されています。

消費者金融各社で似たようなメリットはあるものの、それぞれに細かい条件がついていたり方法があります。どのカードローンがいいのかは、契約までの話ではなく、その後の使い方も踏まえて選択することをおすすめします。

なお、審査や融資の最短時間を記載したものもありますが、これは誰もがその時間で融資が受けられるわけでなく、あくまで最短であることは理解しておきましょう。また、24時間申込受付可能となっていても、その後の審査の解答や融資は申込時間帯や審査の状況により翌営業日にずれ込むこともあります。

消費者金融に抵抗がある人は公務員専用のカードローンの利用も検討

カードローンを扱っているのは、確かに消費者金融だけではありません。急ぎでなく便利さもあまり追及しなければ、銀行カードローンという手もあります。もちろん一般的に知られているカードローンでも十分ですが、特に地方銀行には公務員向けのカードローン商品もあります。

一例ですが、公務員向けのカードローンにはこのような商品があります。

カードローン(銀行) 金利 限度額
公務員カードローン
(広島銀行)
4.225%
(銀行利用により2.475~3.725%もあり)
300万円
公務員ローン
(カードローン型)
(琉球銀行)
5.1% 500万円
公務員カードローン
(沖縄海邦銀行)
5.0% 500万円

※金利は2021年10月8日現在の金利です。変動金利も含まれています。

誰もが申し込みできるカードローンでももちろん構わないのですが、公務員向けのカードローンを利用してもいいでしょう。中には限度額により年収の条件があるものもあります。また、地方銀行には、地域の人向け用として住所等の条件もあります。自分の住んでいる銀行で探してみてもいいかもしれません。

公務員のための「地方職員共済組合」が行っている借入制度とは

「地方職員共済組合」は、地方公務員とその家族の生活や福祉がよくなるために設立された法人組織です。事業としては、保険事業から医療事業、貯蓄などがありますが、その中に貸付事業もあります。

ちなみに、ここでは地方職員共済組合についてふれていますが、例えば東京ならば「都職員共済組合」、学校ならば「公立学校共済組合」など、公務員といっても該当する職場や地域で組合が変わります。また、地方公務員の共済組合が64組合あわさり、地方公務員共済組合連合会が組織されています。

地方公務員共済組合の貸付事業は金利は低いが自由には使えない

地方公務員共済組合の貸付制度(事業)は目的別に以下の種類があります。

貸付の種類 貸付の目的
普通貸付 臨時に資金が必要な時
住宅貸付 住宅の購入や改築など
【災害貸付】
一般災害貸付
住宅災害新規貸付
住宅災害再貸付
災害による損害や盗難などによる被害を受けた時
【特別貸付】
医療貸付
入学貸付
修学貸付
結婚貸付
葬祭貸付
組合員または被扶養者、家族のその目的に必要な費用
高額医療貸付 高額療養費の支給対象となる療養費
出産貸付 出産費

それぞれに目的に沿った貸し付けをしてもらえ、金利も1.26%と低い金利になっています。(目的により0.93%または無利子の場合もあり)ここでは、普通貸付をみてみます。

普通貸付の内容

貸付事由 臨時に資金が必要な時
金利(年利) 1.26%
貸付額 給料月額の6倍まで
(限度額200万円)
弁済期間 ~120ヶ月

使い道としては、臨時との説明になっているものの葬祭や医療、教育には別の制度があるため、自動車や家電製品の購入などで利用することができます。金利が低くて返済期間も10年までできるため、毎月の負担は少額ですみます。

共済組合の借入制度は公務員用だがデメリットもあることを知っておく

共済組合の借入制度は、当然ながら加入している組合員しか使えませんが利益を求めている事業ではないため、メリットがたくさんあります。しかし、メリットだけではなく、デメリットもあることを知っておくことは大切です。

メリット デメリット
金利が低い
連帯保証人や保証料不要
繰上返済時の手数料不要
決められた目的にしか使えない
組合員しか借りられない
限度額が低い
借りるまでに時間がかかる
周りにバレる可能性がある
借りたら返すのみ

限度額は、住宅関係や高額医療などでは高額の借り入れも可能ですが、普通貸付の内容を見てわかるように、多くは一般的なカードローンよりも少なく、100万円または200万円となっていることが多いです。また、月収により上限額が変わることもあります。他にも住宅貸付では、組合員歴が1年以上必要など、注意が必要なことがあります。

また、融資までに時間がかかることも気をつけなければいけません。審査に通って融資をしてもらえるまでに、1ヶ月ほどかかるとみておく方がいいです。

地方公務員共済組合の貸付制度は使い道が決まっていて急がない時にはおすすめの制度で、逆に急ぎの場合はカードローンを利用する方がいいでしょう。

公務員はカードローンの審査に有利と言われながらも絶対ではない

公務員は一見してカードローンとは無縁に思えますが、そんなことはなく利用している人はいます。特に審査に有利と言われ、属性でみれば確かに有利な点はあるものの、審査はそれだけでは決まりません。他社の借り入れや信用情報など、審査のポイントや注意点を知ることは大切です。

もちろん、カードローン以外に公務員向けの共済組合の借入制度もあります。それぞれにメリット、デメリットがあるため判断は難しいかもしれませんが、どちらがいいのかは人それぞれでしょう。

この記事を参考にして、自分にとって目的に沿うような借入先を見つけてください。そして、スムーズに手続きをしてスムーズに借り入れと返済をしていきましょう。

関連記事